FC2ブログ

Free and Easy-9回裏2アウト-

ノーボール2ストライク
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  733

夏の花咲徳栄高校。

もっと早く更新するつもりだったのですが、気づけば9月ですね。
第28回 WBSC U-18 ワールドカップ、絶賛開催中です。
カナダ時間だから中継が夜中とか早朝とかでつらい^q^
一番つらいの明日のオランダ戦午前3時ww

話は先月に遡りますが…
埼玉県民にとって…
念願の…
深紅の大優勝旗きたあああああああああああああああああああ
花咲徳栄優勝おめでとう!!!!


そして私は、今大会ようやく、甲子園現地観戦デビューしました(*^m^*)ムフ
準決勝を観に行ったんですが…大正解でしたね。
中村が■■■■氏の記録に並ぶ大会5号&新記録の大会6号を打つ瞬間もこの目で観られたし
天理vs広陵の9回の追い上げにも大興奮で(一塁側で観てたけど現地のわっしょい!最高だった)
第1試合だけでもお腹いっぱいだなあ、なんて第1試合終了後に思っていたら、
我が埼玉の徳栄が菅生相手にすごい試合やってくれたからなww
もう、岩瀬に釘付けになってしまった今大会。笑
それまで20打数1安打くらいで絶不調だった岩瀬が…8回に勝ち越しの2点タイムリー打ってさ…
岩瀬がお立ち台に上がる姿想像して勝手に鳥肌立ててた早漏です←
まあ、菅生がそんなあっさり勝ちを許してくれるわけもなく…
1番田中の打球がショート岩瀬を強襲…
外野を打球が転々とする間に2者帰って同点になってしまうという。
難しい打球だったんだけどね。
そういやこの時の代走上林の弟だったな。菅生にいたとは知らなかった


岩瀬、このまま高校野球が終わってしまうのかな……と思っていたら
10回裏にやってくれた。
1死2塁からの6番佐藤の三遊間抜けそうな当たりをダイビングして止めて!ショートゴロに仕留めたよ!!!
絶体絶命のピンチを救う好プレーだよ。なんだよこのファンタジスタ…
もう露骨にみんなショート方向狙っててちょっと笑ってしまったが…
いやでも、本来はうまいんだよ岩瀬。埼玉県民だから知ってるよ…

菅生打線、本当に怖かった。どこからでも打ってくるし飛ばしてくるしクリーンナップがずーーっと続いてるような感覚。
1番の田中本当にいい選手だよね。今大会No.1ショートじゃね?
U-18の選考が早まってなかったら絶対田中もメンバー入りしてたと思う。
報徳の小園大好きおばさんだけど。

西川が埼玉県大会のようにホームラン量産できなかったのは少し寂しいが
まだ来年もある野村は甲子園2ホーマーだし!
そして改めて、太刀岡千丸の1、2番大好きだと思った、そんな夏でした。
徳栄の1番バッターって本当に理想的な1番バッターが多い。
敢えて先攻を選んで初回を攻めたてる先手必勝型のチームだというのも関係してるのだろうか。

印象に残った選手
・神村学園の金城くん
明豊戦でリリーフしたとき、最初スローカーブとスライダーしか投げなくて、ファッ!?ってなったけど普通に130後半の真っすぐ持ってて笑った。
ピンチでもずっと笑ってて、本庄一の常笑やきうを思い出した埼玉県民…。
最後は制球に苦しんで押し出しサヨナラになってしまったけど…まだ2年生らしいし、来年戻ってきてほしいな。

・神村学園の後藤くん
延長12回表2死満塁からセーフティ仕掛けてくるメンタリティとその技術だけでもすごいと私は思う…のに
まさか走者一掃になるとはwww

本当にすごい試合だった、神村学園vs明豊。
個人的今大会のベストバウトかも


そして…日本文理の大井監督、30年間お疲れさまでした。
記者に「一番印象に残った試合は?」と聞かれて「わかるでしょ」とだけ答えた大井監督に、目頭が熱くなってしまった…。
2009年の夏の決勝をあの日あの時NHKで観ていなかったら、たぶん私はこんなに高校野球にはハマっていなかったと思うので。。
まあ一瞬、大逆転負けをした2013年の劇的な神宮大会決勝も脳裏をかすめたが、甲子園での話だろうからな…w

余談ですが、日本文理の09年メンバーの切手くん(新宿区出身)は、大学こそ杏林大学だったけど
新潟が忘れられなくて北陸ガス入社して、結婚して新潟に家まで建てちゃったそうな。
すっかり新潟の男だな。幸せになってほしい。

そして秀岳館、鍛治舎監督、3年半?お疲れさまでした。
県大会準決勝の前に緊急入院されて心配しました。心疾患系は西谷監督とか門馬監督なんかも本当に気を付けてほしい。
3年で日本一になることを掲げてやってたんだよね。
甲子園っていうのは運の要素も大きいのでその目標は達成できなかったけど、
九鬼松尾の代も、廣部木本の代も、いつ日本一になってもおかしくないチームだったと思う。
オール枚方ボーイズから沢山選手引っ張ってきてたことに色々言われたこともあったけど
「熊本の有望な選手が入りたいと思う学校」にするために強化するにはこれが一番手っ取り早い、的なことを以前おっしゃっていて。
事実、廣部木本の代は枚方ボーイズは18人中4人だけだしね。
監督も選手も熊本に身を捧げてたと思うよ。。
前述した切手くんのようなパターンもあるし。
15歳で親元離れる時点で、私には真似できんわ…と思うので、外人部隊のチームの子達のことは尊敬しています。
地元民で勝ち上がるチームも勿論好きだけどね。あれはあれで凄いし。
外人部隊、地元民、強豪私立、公立校、色々混じってるから甲子園は面白いんだと思う。
スポンサーサイト
別窓 | 高校野球 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<山下柴田の國學院二遊間を夢見た時代もあった | Free and Easy-9回裏2アウト- | 好きな渡辺麻友さんのソロ曲は、最初のジャックです>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Free and Easy-9回裏2アウト- |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。